TEL.0467-38-4418

診察時間/9:00~12:00・16:00~19:00
休診日/火曜日

会陰ヘルニア

会陰ヘルニアとは、肛門周囲(会陰部)の筋肉の隙間から腹腔内の臓器や脂肪が飛び出る病気です。 肛門の両側が腫れることもありますが、片側のみに発生することもあります。会陰ヘルニアは会陰部の筋肉が弱く薄くなることで発症します。筋肉が薄くなってしまう原因に男性ホルモンの影響が関与しているといわれ、未去勢の中高齢の雄犬で多く発症します。その他にも腹圧の上昇や筋力の低下を引き起こすような病気が関係していると考えられています。会陰ヘルニアになると肛門周囲が膨らみます。飛び出る臓器によって症状が異なりますが、腸管が飛び出すと便秘や排便困難が見られ、膀胱が飛び出すと排尿障害が見られます。治療は飛び出した臓器を元の状態に戻し、筋肉の隙間を塞ぐ外科手術が推奨されています。 また、男性ホルモンが関与しているため、去勢していない犬は同時に去勢手術を行います。会陰ヘルニアは去勢手術をすることで発生率は低下するため、若いうちに去勢することが予防につながります。自宅での肛門周囲の腫れや排便排尿状態の確認はこまめに行いましょう。何か異常があれば早めに動物病院に相談しましょう。